オリジナルグッズ・同人誌印刷

7 Q&A

商品について

Q.本当に1冊だけ作る事ができるのですか?

A.できます。オンデマンド印刷により、1冊だけの製本が実現できました。

Q.全てフルカラーで1部だけでも作れるのに安すぎると思うのですが?

A.ワンブックスでは原稿の校正などは行っておらず、作業工程を簡略化しておりますので低予算での制作を実現しております。その為、原稿の解像度が低かったり、ページ順番が間違っていたり、と言う不備があったとしてもそのまま生産してしまいます。そう言う面で他社さんとは異なる面がございますので、「A社(他社)さんではこうだったので、同じようにして欲しい」とご相談頂いても対応出来かねる場合もございます。

Q.カラーとモノクロが選べるのは表紙だけですか?

A.表紙、本文、カバー、オビ、全ての用紙でカラーとモノクロを選べます。

Q.カラーページとモノクロページを交互に入れる事はできますか?

A.できます。カラーにしたいページは入稿データをカラーに、モノクロにしたいページは入稿データをモノクロにして入稿してください。

Q.本文用紙をページごとに変更出来ますか?

A.一部条件において可能(有料)です。本文でクリーム系の用紙を使用する場合や、文庫小説の場合のみ、巻頭口絵の数ページをコート紙などの別用紙に変更する事は可能です。それ以外については基本的には本文用紙は1種類だけとなりますが、もし合同誌でイラスト、小説で2分割となる場合などは別途ご相談頂ければ追加料金にて承れる場合がございます。

Q.オフセット印刷とオンデマンド印刷を選ぶ事はできますか?

A.ワンブックスではオンデマンド印刷のみでのご提供となります。オフセット印刷とは風合いが異なりますので予めご了承ください。なお、オフセット印刷のプランもございますが、1000部以上の個別お見積もりとなります。

Q.A6(文庫)で表紙とオビが不要なのですが、金額は変わりますか?

A.変わりません。基本料金に含まれている仕様は、つけなくても金額は変わりません。

Q.カバーとオビは商品に巻かずに別添で納品されるのですか?

A.ワンブックスではカバー、オビは本体に巻いてから納品しております。別添での納品を希望される場合は分けて発送する事も可能ですが、別途送料がかかる場合がございます。

Q.遊び紙と見返しをそれぞれ同時に使うことは出来ますか?

A.元々見返しは「表2・表3への貼り込み+遊び紙」と言う仕様ですので、本文の前後にそれぞれ遊び紙が付きます。

Q.遊び紙(または見返し)の色を前後で変える事は出来ますか?

A.可能です。色ごとに各追加オプションの料金が加算されます。

Q.正方形サイズ、新書サイズなどの変形サイズは可能ですか?

A.可能です。正方形サイズは断裁費用としてご注文1件につき1,000円(税抜)かかります。新書サイズは料金がA5・B6基準となり、更に断裁費用としてご注文1件につき1,000円(税抜)かかります。

Q.綴じ方向はどちらにすれば良いのでしょうか?

A.一般的には「右綴じ」と「左綴じ」がありますが、これは「本の表紙を正面から見た時に、どちら側が綴じられているか(どちら側に背表紙があるか)」と言うものです。
「表紙の右側が綴じられていれば右綴じ」となり「表紙の左側が綴じられていれば左綴じ」となります。
 右綴じ:主にマンガ、小説など、縦書きの文章があるもの。
     視線の流れは右上から左下に進む内容に適しています。
 左綴じ:主に英文など横書きの文章があるもの。
     視線の流れは左上から右下に進む内容に適しています。
縦書きの小説は右綴じのほうが読みやすいですが、横書きの場合は小説であっても左綴じとする方が読みやすくなります。イラスト集・写真集などは好みでお選び頂いて大丈夫です。
なお、原稿制作において表紙と裏表紙を連結して作る場合「右(左)綴じだから表紙は右(左)側」と誤解しやすいのでご注意ください。

Q.横長の本(短辺綴じ)は作れますか?

A.横長本は一つ上のサイズから切り出す形で生産致しますので、料金が一つ上のサイズの料金となり、更に断裁費用として1,000円(税抜)かかります。その為、A4・B5本では製作出来ません。また、A5・B6本の横長本の場合はA4・B5本と同じ条件になりますので、カバーとオビが付けられなくなります。

Q.商品はハードカバー(上製本)ですか?

A.商品はソフトカバーとなります。ワンブックスは上製本加工は承っておりませんが、1000部以上のオフセットプランであれば可能です。

Q.商品は中綴じですか?無線綴じ(平綴じ)ですか?

A.無線綴じです、中綴じは承っておりません。なお、基本的には表紙の裏(表2)、裏表紙の裏(表3)への印刷は行っていない為、巻頭の本文1ページ目と巻末は単ページになります。また、追加料金で疑似的な表2、3印刷を行う「見返し印刷」や、スケッチブックのようなリングで綴じるリング綴じも承っております。

Q.リング綴じとはどのようなものでしょうか?

A.ツインループリングと言うリングで本を綴じます。色は(白,黒,青,銀)からお選び頂けます。オリジナルスケッチブックなども承れますので別途ご相談ください。

Q.箔押しは出来ますか?

A.可能ですが、金型代、押し代がかかる為、総額に2~3万円ほどは余計にかかってしまいます。※詳細のお見積もりは別途ご相談ください

Q.おススメの用紙組み合わせは何ですか?

A.印刷内容によって変わりますが一例をご案内します。
・[マンガ本] 本文: メヌエットフォルテW(またはC)、上質紙、b7トラネクスト
・[カラーイラスト本] 本文: b7トラネクスト、コート(またはマットコート)、HS画王
・[絵本] 本文: HS画王、b7トラネクスト
・[写真集] 本文: コート(またはマットコート)、b7トラネクスト
・[小説] 本文: ワンブックスノベル、スカーレットノベル、RTライトノベル用紙、ソリストNなど
    表紙: 紀州の色上質(肌、クリームなど)
    カバー・オビ: コート(またはマットコート)
 なお、コート紙はつるつるして平滑の取れた紙ですが、特性上薄い本で使ったり、大きく開くと紙が抜けやすくなりますのでご注意ください。
 これらはあくまでも一例です。ワンブックスでは多くの種類の本文用紙を取り揃えておりますので、是非ご自身の好みの用紙をお選びください。別途ご相談も承ります。

予約について

Q.予約をしなければ注文できないのですか?

A.申し訳ございませんが、事前のご予約が必要となります。

Q.何件まで入稿予約できますか?

A.多くのお客様にご利用いただきたいので、申し訳ございませんが同時期のご予約は3件まででお願いいたします。それ以上のご予約を頂いた場合、生産日程の調整をお願いする事がございます。

Q.何日前から予約できますか?

A.入稿希望日の30日前からご予約頂けます。

Q.予約の時に全ての仕様を決めなければいけませんか?

A.仕様は暫定でかまいません。ページ数、用紙、その他仕様は入稿時に変更が可能です。ただし大幅な変更の場合、スケジュールを調整させて頂く可能性がございます。

Q.同じ原稿で本文用紙を変えた本を2種類作りたいのですがどうすれば良いですか?

A.ワンブックスでは1予約1仕様でお願いしておりますので、仕様が変わる場合はそれぞれご予約をお願いいたします。なお、ワンブックスでは予約1件につき1件分の送料を頂いておりますが、同梱として発送する場合は2件目以降の送料は1件につき500円となります。代金は全て合算でのお支払いが可能です。

Q.予約をキャンセルしたいのですが、どうすれば良いでしょうか?

A.ご予約の際にご案内している受付番号、管理番号を添えて、メールでご連絡ください。なお、キャンセル料はかかりません。

Q.予約をしましたが入稿予定日を過ぎてしまいました、どうすれば良いでしょうか?

A.ご連絡を頂かない場合は自動的にキャンセルとさせて頂きますが、ご相談を頂ければ日程次第では延長手続きを行います。

Q.予約した入稿予定日よりも前に入稿しても大丈夫ですか?

A.大丈夫です。ただし、納品予定日短縮のお約束はできません。

Q.予約時に代金は必要ですか?

A.ご予約の時点では代金は不要です。

Q.希望納品日の予約が埋まってしまいました、どうにかなりませんか?

A.申し訳ございませんが、他の予約が空いている日をお選びください。

Q.予約のキャンセル待ちはできますか?

A.申し訳ございませんができかねますので、他の予約が空いている日をお選びください。

入稿について

Q.入稿形式(拡張子)はどれが使えますか?

A.psd(Photoshopなど)、pdf(Illustratorなど)を推奨しております。なお、jpg、png、tiff、inddなど他の形式についても一応対応しております。

Q.小説なのですがWord(doc他)原稿、txt原稿で入稿できますか?

A.Word原稿、txt原稿ではご入稿を承る事はできません。

Q.Wordなどで作ったpdfでも入稿できますか?

A.pdf形式となっていればご入稿を承る事ができますが、フォントの埋め込みを必ず行ってください。なお、環境による印刷不備については責任は負いかねます。

Q.原稿用紙やノート、絵など、アナログ原稿を送って入稿できますか?

A.アナログ原稿でのご入稿は承っておりません、必ずデータ化してご入稿をお願い致します。

Q.テンプレートはありますか?

A.現在はご用意しておりません。フリーで使用出来るテンプレートをお持ちであれば、そちらもお使い頂けます。また、他社さんのテンプレートをご利用頂いた原稿でも承れますので、他社さんにて制作した本の再版の場合は、そのままのテンプレートでご入稿頂く事も可能です。ただし「カバー・オビの袖は70mm」「表紙はセンターあわせ」としておりますので、異なるテンプレートをご利用の場合はご注意ください。

Q.それぞれのファイル名はどうすればいいですか?

A.必ず表紙、本文、カバー、オビを分けて作成してください。ファイル名は、表紙.psd、本文01.psd、本文02.psd……、カバー.psd、オビ.psd、と言うように、わかるようにしてください。表紙・裏表紙を分割して作る場合は、表紙.psd、背表紙.psd、裏表紙.psdと名前をつけてください。なおファイル名・フォルダ名には全角文字や_(アンダースコア)、-(ハイフン)などの半角記号は使えますが、半角カナ、スペースを使うと文字化けの原因になりますので使わないようお願いします。

Q.連結ページのpdfで入稿できますか?その場合ファイル名はどうすればいいですか

A.可能です。その場合のファイル名は、本文01~128.pdfと言うようにページ数がわかるようにしてください。また挿絵などをpsdデータで追加する場合は、本文01~50.pdf、本文51.psd、本文52~128.pdf、と言うように挿絵の前後でpdfを分けてください。

Q.本文の全ページを1つのpsdデータの各レイヤーにした形で入稿出来ますか?

A.psdデータでご入稿頂く場合、1ページ(見開きは2ページ)で1つのpsdデータでお願いしております。psd原稿は全てのレイヤー、文字は統合した状態でお送りください。

Q.入稿はメール添付で良いですか?

A.メール添付ですとサーバーがパンクしてしまう可能性がありますので、極力、大容量データ転送サービスをご利用頂けると助かります。(ギガファイル便やFirestorageなど)

Q.原稿を1ファイルずつ送って良いですか?

A.1ファイルずつですと送受信漏れの可能性が起きますので、zip形式やlzh形式にまとめて圧縮して下さい。なお、1GBを超える容量の場合は圧縮時や送信時に破損が起きる可能性もございますので、1ファイル1GB程度に分けて圧縮して送信して頂くほうが安全です。

Q.どこから1ページ目と数えるのですか?

A.表紙用紙を除いたページからが本文1ページ目となります。本を正面から見た時、一番前(正面)に表紙があり、それをめくって表紙の裏に来る部分が表2となります。そしてその隣のページが本文の1ページ目です。本文の1ページ目をめくると、その裏が2ページ目、その隣が3ページ目となります。そして順次続き、最後のページと裏表紙の裏(表3)があり、それをめくると裏表紙となります。その為、本文の最初と最後は単一のページとなります。
なお、表紙を1ページ目として考えるならば本文の1ページ目を3ページ目とも数えます。このあたりはどちらでも構いませんが、一般的には表紙の裏(表2)は1ページ目とは数えません。

Q.ノンブルは3ページから始まるんですが、その場合の本文ファイル名はどうすればいいですか?

A.ワンブックスではノンブルの有無は問いませんので、本文01.psdと名付けて始めても、本文03.psdと名付けて始めても大丈夫です。なお、ワンブックスは本文ページ数で管理致しますので、例えば3~18ページまでの場合は16ページで計算致しますのでご注意ください。

Q.塗り足しとは何ですか?

A.塗り足しとは「本のサイズよりも天地左右各3mm大きくした部分」です。印刷・製本・断裁と言う工程においては、1mm、2mm程度はズレてしまう可能性がございます。外周ギリギリまで印刷するような原稿を本のサイズぴったりに作ると、ズレてしまった時に原稿範囲外が本に残ってしまう事がある為、原稿自体を天地左右各3mm(縦横各6mm)大きく作ります。なお、大きく作った部分は生産時に切り落とされる部分ですので、重要な文字、人物、ロゴは外周に配置しないほうが安全です。

Q.原稿に塗り足しとトンボは必要ですか?

A.トンボは無くても構いませんが、塗り足しはある方が望ましいです。ただ、小説のように「原稿の周囲5mmほどが余白の原稿」と言う事であれば、塗り足しが無くても支障はありません。例えば文庫小説をWordで作成して、本文をPDF出力される際には「A6(105×148mm)」の設定で出力して頂いて構いません。

Q.見開きページは入稿できますか?

A.可能です。その場合のファイル名は本文02-03.psdと言うように必ず2ページカウントしてください。

Q.見開きページの塗り足しはどのようにしたら良いでしょうか?

A.中央の塗り足し(各3mm)は外して下さい。例えばA4サイズの見開き原稿であれば、塗り足し込みで横432mm×縦303mmではなく、横426mm×303mmとしてください。

Q.背幅の厚みはどうすれば良いでしょうか?

A.背幅の厚み(背表紙)は本文用紙の厚みと、本文ページ数(枚数)によって決まります。計算式としては、[本文用紙1枚の厚み]×[本文枚数]+表紙の厚みとして0.5mm、として頂ければ結構です。カバーは更に+0.5mm、オビは更に+0.5mmとして頂いたほうがちょうど良くなります。なお、各用紙の簡易背幅表もございますので、料金表と用紙の種類の紙厚欄のリンクからご確認ください。

Q.表2、表3に印刷はできますか?

A.直接印刷を施すと製本後に表紙紙が剥がれる可能性がある為承っておりませんが、見返しを応用した「見返し印刷(有料)」であれば対応可能です。こちらは、本文の巻頭用紙を表2へと貼り込みますので疑似的な表2印刷となります。(表3も同様です) ただし、追加仕様の遊び紙・見返しとの併用は出来ませんのでご注意ください。

Q.白色の印刷は出来ますか?

A.出来ません、白色は紙の色で表現します。そのため、色上質紙やクラフト紙を用いた場合に白色の文字は印刷出来ません、またカラー原稿の場合は用紙の色の影響を受けてしまいますのでご注意ください。ちなみに原稿内の白色は透過と同じ意味となります。

Q.推奨解像度はいくつですか?

A.カラーならば350dpi以上推奨、モノクロならば600dpi以上推奨です。それ以上でも、それ以下でも入稿可能です。

Q.RGBデータでの入稿・印刷は可能ですか?

A.RGBデータでのご入稿も承ります。ただし、RGBデータでご入稿頂いた場合、印刷前に印刷機にてCMYKへと変換されます。ただし、RGBデータのpdfを印刷機で変換を行うと画像が正しく印刷されない場合もございますので、事前にお分かりになる場合はその旨ご連絡ください。※Wordで作ったpdfも画像は不具合が生じる場合がございます。

Q.Wordの透過処理を使ったpdfでも印刷可能ですか?

A.設定によっては正しく印刷されない可能性がございます。その為、そう言った加工を行っている場合は入稿時にその旨ご連絡ください。

Q.入稿データがカラーなのですが、モノクロで印刷をお願いできますか?

A.申し訳ございませんができかねます。入稿データがカラーならばカラーで印刷されます。モノクロ印刷を希望される場合は原稿のカラーデータを変更してください。

Q.アナログ原稿の入稿はできますか?

A.申し訳ございませんが、データ原稿のみのお取り扱いとなります。

Q.入稿締切時間は何時ですか?

A.ご予約日の23:59までとしております。ただし、深夜の入稿待機担当はいないため営業時間後のご入稿後の場合は即時のご返答が出来かねますのでご了承下さい。

Q.入稿後に原稿を差し替えたいのですができますか?

A.印刷作業工程前であれば差し替えが可能ですが、既に印刷作業工程に入っている場合は差し替えできません。入稿後から順次印刷作業工程へ入るため、原稿の差し替えを希望される場合はお早めにご連絡ください。また、原稿の差し替えを行う場合は作業に遅延が発生するため、納品予定日通りの生産ができません。数日余計にお時間をいただきます。

Q.入稿後にキャンセルをしたいのですができますか?

A.印刷作業工程前ならば可能です。既に印刷作業工程に入っている場合のキャンセルについては材料費等をキャンセル料として申し受けます。また、印刷作業工程に入ってからの原稿差し替えについても材料費等を加算しての新規受け付けとなります。
※キャンセルによる未払いがある場合、清算を確認するまで新規の受け付けや代引きでの入稿をお断りする場合があります。

Q.以前作った本を再生産したいのですが?

A.再生産は可能です。データに変更が無い場合は弊社保管の原稿にて進行致しますのでご入稿は不要です。ただし、奥付や加筆修正、ページの差し替えがある場合、データの取り違えを防ぐ為にも再度のご入稿をお願い致します。
なお、再生産の場合もご予約フォームからご入力ください、前回仕様のままであれば、再生産フォームもご利用頂けます。

Q.ONEBOOKSのロゴを奥付で使いたいのですが、配布はしてますか?

A.ご利用頂けます。ONEBOOKSロゴ「本と羽箒」こちらのリンクからダウンロードしてご利用ください。

Q.成人向け内容の原稿は印刷出来ますか?

A.成人向け内容のご注文は基本的にはご遠慮頂いておりますが、内容により承っております。詳しくはこちらの「表現に関するご案内」をご覧ください。判別に困る場合などはお問い合わせください。

Q.市販の本をpdf化(いわゆる自炊)したものを印刷したいのですが出来ますか?

A.ご自身で権利をお持ちでない原稿の複製はご遠慮頂いております。詳しくはこちらの「表現に関するご案内」をご覧ください。

Q.ネットで無料配布しているデータを印刷したいのですが出来ますか?

A.無料で配布されている場合でも権利を放棄していない場合がございますので、権利者(社)への確認をお願い致します。

納期について

Q.予約をしていないのですが、今日入稿するのですぐに作れますか?

A.申し訳ございませんができかねます。必ず事前のご予約をお願い致します。

Q.特急料金がかかってもかまわないので、納期を短くして作ってください。

A.申し訳ございませんができかねます。1日の製造数は決まっており、追加で承ることができません。お急ぎの場合は他社様をご利用ください。

Q.1日でも早く受け取る方法はありますか?

A.来社引取りをお選び頂ければ、発送予定日の夕方から台東区北上野の弊社事務所にてお受け取りいただけます。その場合、事前にご連絡をお願い致します。

Q.早期入稿割引はありますか?

A.ございません、いつでも定額となります。

Q.必ず最長6日かかりますか?

A.早く完成した場合は完成次第発送致します。ですが、繁忙期は10日~2週間ほど余計にお時間を頂く場合がございます。その為、お受け取り希望日がある場合は必ずご予約時にその旨ご連絡ください。ご入稿後のご連絡ですと日程調整が出来ない場合もございます。

お支払いについて

Q.代引き時にクレジットカード(デビットカード)は使えますか?

A.申し訳ございませんが使えません、お受け取りの際に現金にてお支払いください。

Q.銀行振込を選びましたが、いつ入金すれば良いでしょうか?

A.入稿後に弊社から総額確定のご案内をお送りしますので、そちらのメールが到着してから商品完成までにお支払ください。なお、ご入金の確認前に生産を開始致しますので、ご入金が遅れたから生産開始が遅れると言う事はございませんのでご安心ください。

Q.入稿後に発送方法・支払方法を変更する事は可能ですか?

A.商品完成前であれば変更可能です。もし料金が変更となる場合は改めてお見積もり致します。

Q.領収書の発行は可能ですか?

A.銀行振込の場合は銀行ATMの利用明細を、代引きの場合はヤマト運輸の送り状兼領収書を領収書としてご利用頂いております。なお、手書きの領収書が必要な場合は前述の利用明細・領収書を弊社まで郵送にてお送り頂ければ、交換発行・郵送いたします。

運送会社・納品について

Q.冊数によって送料は変わりますか?

A.変わりません。1冊でも、100冊でも、サイズ・重量が変わっても、1件のご注文につき送料と代引き手数料は1件分しかいただきません。

Q.複数件注文するので、まとめて一括発送する事はできますか?

A.2件目以降を同梱として発送することも可能です、2件目以降の送料は1件につき500円となります。代金は全て合算でのお支払いが可能です。

Q.発送から何日で届きますか?

A.お住まいの地域によって異なりますが、概ね1~2日です。ただし、台風、大雪など天候により遅れが生じる場合がございますのでご注意ください。詳しくはヤマト運輸様へお問い合わせください。

Q.商品を受け取る前に受け取り期限が過ぎ返送されてしまいました。再度送って貰う事はできますか?

A.再発送の場合は追加送料(返送送料+再発送送料)を加算の上で再発送いたします。

Q.来社引取りを選びましたが都合ですぐにはいけません、いつまで保管して貰えますか?

A.完成日より2週間ほどはお預かりいたしますが、これ以上のお預かりは別途ご相談ください。

Q.入稿後に発送方法を変更する事はできますか?

A.商品発送前であれば可能です、その場合は改めてお見積り致します。

Q.送り先を自宅以外にしたいのですが出来ますか?

A.可能です、その場合は送り先の郵便番号、ご住所、お名前、お電話番号をご連絡ください。なお、商品発送時に同封している納品書はご注文頂いたお客様の名前を記載いたしますのでご了承ください。

Q.ヤマト運輸以外での発送はできますか?

A.基本的にはヤマト運輸のみでの発送となりますが、地域によるご都合がある場合は別途ご相談ください。

Q.複数件の分納はできますか?

A.可能です、その場合は送り先ごとに送料1,000円がかかります。例としては「注文部数50部のうち、自宅に10部+予備、会場に20部、書店に20部」と言うような形です。

Q.複数件へ1部ずつ発送する発送作業代行はお願い出来ますか?

A.20件以上の送り先への発送代行であれば承っております。例としては「注文部数50部のうち、指定する20件に各1部ずつクロネコDM便で発送し、残部+予備は自宅へ発送」と言うような形です。商品完成次第、ご指定頂いた複数のご住所へと個別に発送致します。その際に生じる費用(送料、資材費、作業工賃)や手続き方法などは別途ご相談ください。
※弊社での商品委託業務、販売代行などは承っておりませんのでご了承ください。

Q.イベント会場への発送(搬入)をお願いしたいのですができますか?

A.ご予約時に開催日・会場・イベント名をお知らせください。スペースNo.等は入稿時のご連絡でも結構です。イベントにより弊社スタッフが直接会場への搬入を行いますが、直接搬入を行っていないイベントの場合はヤマト運輸の宅配便による宅配搬入となります。主催様ご指定の発送方法がヤマト運輸以外の場合はご指定の発送方法へと変更する事も可能です。なお、宅配便搬入の場合、到着不備による不利益の保障は一切いたしかねます。

Q.どのイベントならば直接搬入が可能ですか?

A.直接搬入対応イベントをご覧ください

Q.到着した商品に不備・不良・破損があったのですが

A.お手数ではございますがメールにて詳細をご連絡ください、折り返し担当よりお答え致します。なお、印刷機等の仕様であったり、ご入稿原稿の不備の場合は交換等が承れない場合がございます、ご理解くださいますようお願い致します。

PAGETOP
Copyright © 株式会社RED TRAIN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.